RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

メロンが安い。

2010.05.17 Mon
トルコは果物が安い。
物価は年々高くなり、日本と変わらなかったり日本より高いものも沢山あるけど、
野菜と果物は殆ど輸入しているものがないからか、やっぱり安い。

青空市場(パザール)でメロン3個一気買い。3個で6トルコリラ(360円位)。
味はまあ、野菜っぽさを残している部分は少々あるものの、
これでけっこういけまっせ。甘いよ。

普段は重いので1個ずつしか買わないんで、記念に3個並べて写真でも・・


CIMG6981.jpg



あ、あの、、指つっこむの、やめてもらえませんかねえ?■




スポンサーサイト
Theme:男の子育児 | Genre:育児 |
Category:料理・たべもの | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

「なんちゃってボールおもち」

2010.05.10 Mon
3年以上前に「蒸すということ。」という記事で、トルコに持ってきた上新粉で
和菓子に挑戦した私でしたが、華麗に大失敗していました。
その時の写真がないのが残念です。

あの後気付いたのですが、上新粉ってお米の粉・・ということはトルコにもあるじゃん!

CIMG6850.jpg
どこのスーパーにもある「pirinc unu」。
Diaスーパー(ディスカウントスーパー)ブランドってところがなかなか貧乏さかげんを
匂わせています。

息子が「おもち」好きで好きで・・
毎回「トルコにはね、おもちはないのよ。日本はいい国ね。何でもあるのねー」というのも不憫。
トルコで何とか「おもち」を作ろうと。
週1ペースでおやつに「なんちゃってボールおもち」を作ってあげています。

蒸し器は日本から。私の祖母が使っていたとっても昭和な(むしろ大正?)
アルミの蒸し器を持ってきました。

先日写真を撮ってみたのでクックパッドばりに作り方を載せてみたいと
思います。こういうのするの、はじめてでねえ・・少々うかれ気味です。

1.  まず、ボウルに粉と同じだけの水を入れ
(米粉250gなら250mlの水を入れる)混ぜます。

2.  蒸気の上がった蒸し器に固く絞ったぬれぶきん敷き、生地をちぎって並べます。

CIMG6854.jpg
思いっきり、ふきん濡らすの忘れてます。乾きふきんです。
誰か近所のおばさんとかのトルコ人にあげようと数年前に日本から持ってきたけど
結局機会を逃したダイソーの100円ふきんがはためいています。


3.  強火で20分蒸します。
「これどーなの?できてんの?できてないの?」と迷っても何でも、20分でいいです。

CIMG6856.jpg

4.  ボウルに生地をあけ、最初は熱いのでマッシャーでつぶします。
冷めてきたら手でグイグイこねます。餅つきを念頭に。


CIMG6857.jpgこんなだったのが

CIMG6859.jpg2分程度でこんななめらかに。

5.  あっお砂糖忘れてた!分量はテキトー。
本当はこねあがる前、熱いうちに入れたほうがいいです。
ジャリジャリしちゃいますから・・。

CIMG6860.jpg


手で一口大に丸めて・・
できた。

CIMG6861.jpg養蚕業者かここは。


長期は無理っぽいですが冷凍もできます。
レンジ解凍で味・食感、全然変わりません。

まあ和菓子というには微妙なかんじですが、このボールおもちを作り始めてから
トルコで無性に和菓子が食べたい!と思うことがなくなりました。
満足しているんでしょうね、脳が。■



Theme:おやつ | Genre:グルメ |
Category:料理・たべもの | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。