RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

降臨

2007.02.07 Wed

尊師がトルコにいらっしゃったとは・・■

2007-02-07.jpg

スポンサーサイト
Category:旧__テレビ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

睡眠薬強盗

2006.07.14 Fri

今日テレビを見ていたら、韓国人のツーリストが公園で会った男から睡眠薬入りクッキーをすすめられて食べ、そのまま寝てしまいお金やパスポートの入ったカバンを盗られるというニュースをしていた。典型睡眠薬強盗。日本人ツーリストもよく遭うというこの睡眠薬強盗だけど、ニュースでやってるのは初めてみたよ。マジメッ子メガネちゃん、てかんじの韓国人女の子2人は立つことが出来ず人の肩を借りて救急車に乗っていた。死ななくて良かったね。睡眠薬の量が多くてとか、真冬で凍死したツーリストもいるんだと。


ガイドブックには「むやみに人から貰った食べ物を口にしない」とあるけど、どうだろうねえ・・。線引きが難しいよなあ。自分から入った店で、チャイとか勧められたら飲んでもいいっす。店でたむろってるおやぢから何かごちそうを受けたら食べていいっす。何というか、「そこに根を下ろしてる」人から食べ物を勧められても怖がる事はないと思う。問題なのは、道を歩いてて英語で話しかけられたとか、ツーリストだから一緒にまわろうと言われたとか、(めちゃめちゃ偏見で悪いけど、欧米人ツーリストじゃなくて、黒人とか、アラブから来たツーリストだとか言う奴。嘘だから。)そういうの。「今もし意識が無くなって、目覚めた後に、奴にたどり着けるか」って考えてみて、絶対たどりつけない奴。ホテル名とか言うかもしれないけど嘘だったら無理だし。こりゃ注意しないとやばい。


でもなあ、旅行に来て公園でまったりしてたら英語の喋れる現地の人とかツーリストが声を掛けてきて、嬉しくておしゃべり、そのままコーラ飲んじゃったクッキー食べちゃった、ていうのわかるよなあ。私でもトルコだったら100パーないけど(まず英語で喋りかけてきた人とお話することはないでしょう。お話できないから。)、他の国だったら食べそうだもん。


もうすぐ夏休みですね。イスタンブールを旅行する人気をつけてね。ねらい目はガラタ橋とか新市街の公園とからしいですぞ。

そーいう「たどりつけない奴」から何か勧められても「お腹空いてない」とかじゃなくて、「宗教上ちょっと・・」って言って逃げた方がいいかもね。「ほわい?何の宗教?」「あーれふ。どうゆーのう?」・・「知ってる知ってる!”かくれんボックス”は秀逸だったよね~」とか続いてもやだな。どうしようかね。■



Category:旧__テレビ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

素人に夢中。

2006.05.22 Mon

「BUYULE BENi」ぶゆれ・べに(私に魔法をかけて)というテレビプログラムに夢中の今日この頃。

カナル1というマイナーなテレビ局で平日の毎日7時頃と、再放送で夜中に放映されてて、

このところ毎日欠かさず見ている。


素人出演の恋人探し番組で、毎日1人の男か女が出てきて、3人の恋人候補を、

ゲームや会話で(顔だけは見られない)選び、最終的に絞られた候補1人がその晩

相手の自宅をたずねていき、その夜の様子が次の日の放送で放映され、OKかNOかお互いに

決断する、というもの。


結果が次の日に持ち越されるので毎日絶対続けて見ないと面白くないよん、というテレビ局の

意図にはまり、毎日見てるのだ。見てて確信。芸能人より素人のほうがおもしろいってことだ。

やっぱり芸能人は誰もがある程度まとまってて、(すんごい風貌の歌手やおっさんとかも多いが

それはさておき)なんというか、剥き出しの感じが薄いから。

素人はすごい。特にトルコ人はテレビや観客を前に臆するという事がないようで、

歌は歌うわ自作詩は披露するわ踊るわ「わたしは美人よん♪」なんてこと平気で言うし、

女の子のキメキメで美人台無しの厚化粧や、男の子のキメキメで髪ギトギト胸毛みせみせ

原色ファッションに釘付け。これがリアルトルコ庶民若者だ!ってかんじ。雑誌のトルコ人なんて嘘モノだ。

トルコに来た旅行者には下手なトーク番組とか歌番組よりはこういう素人参加番組の方が

トルコトルコしてていいんじゃないかなあなんて勝手に。


成立率はあまり高くなく、お互い自己主張が強すぎて半分喧嘩みたいになって破談、というのも多い。

日本の素人参加恋人探し番組と比較するとさらに面白い。日本のほうを長年見ていないので

どう違うかなと考えると外見くらいしか思い浮かばないんだけど・・。日本人、おとなしいな、とか。

謙虚だよな、とか。でもそれだと日本人全般トルコ人全般に言えることになるか。


そういや数年前「あいのり」を見てた頃に出ていた体育大出身の女の子「デヴィ」が

AVギャルになっていたとどこかで読んだ。ネットで見たんだっけか。びっくりした。

そんで「あいのり」がまだ続いてることにもびっくりした。■

→この番組、日本一時帰国から戻ったら終わってました。残念。



Category:旧__テレビ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

トルコのドラマはインターネットで。

2005.12.06 Tue

気に入って見ているドラマがあっても、いつの間にか見なくなる。

家庭用ビデオが普及していないトルコでは、放送時にテレビの前に居ないと

いけないからだ。しかも、決まってるのはチャンネルと「夜」ってことだけで、

週間番組表はアテにならず、曜日も気まぐれ、開始時間も気まぐれ、もしかしたら

前回と一緒かも、「明日この時間に放映」って告知があっても差し替えられてたり

時間ずれててテレビをつけたら既に始まってたり。

ほんとどうにかならんのか。見せる気ねーのか。


チャンネル数は日本(の大都市)なみにあるけど、トルコで民放テレビの放送が

開始したのは十数年前とからしく、まだまだ歴史は浅いのだ。

まあそんなのは言い訳にならんと思うが、とにかく日本のテレビの

タイムキーパーさんが見たらほんといいかげんで楽な時間割だと思うだろう。


で、偶然にも数週間前、とあるドラマの初回を見た。テレビをつけたら丁度

始まったので、暇なので見ていたのだ。すると意外に面白い。

来週も見よっと、と次の週の同じ曜日の同じ(ような)時間帯に放映していた

2回目も見た。

・・そこから、数週間「出会い」はなく、結局私は2回分見逃したらしい。

昨日「出会」って見ていたところ、あまりの急展開ぶりに「うがー途中どーなったの?!」

・・ふと気付きインターネットに接続。

なーんと、トルコの民放サイトでは、ドラマの「あらすじ」でも

「抜粋動画」でもない、1時間なら1時間分の「動画」を置いてるのだ!

画面は小さく細かい表情等は判らないけど、セリフは聞き取れるし十分である。


でもね、受信料ってモノがないってことはスポンサー(テレビCM)から収入を

得てるわけでしょ、ネットでCMなしで放映していいんかいね?

テレビ画像並みの動画ではないから「見逃した人用」ではあるんだろうけど。

ためしに日本の主なテレビ局のサイトをチェックしたが、ドラマの動画を

置いている所なんてなかった。くー、けち!!

ネットで日本のドラマが見られたら、途中強制的にCMが入ろうが何だろうが

絶対見るんだけどなあ。世知辛いよなあ日本。それが当たり前なんでしょうが。■



Category:旧__テレビ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ワールドカップに出られないトルコ。

2005.11.17 Thu

なんかね、もう全然負け負けで「あ~だめだったね~」てんなら

まだあきらめがつくんだが、「3点差で勝たなければワールドカップに行けない」

という状態で、ひっぱってひっぱって4対2で試合には勝ったのに

最終的には「負け」である。


ほんとメンタル弱いんだよなあ。

前回のワールドカップで偶然とはいえ3位だったのに

次は出場もないなんて~つまんなさすぎです。

ドイツのトルコ人が一番へこんでそうだな。■



Category:旧__テレビ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ワールドカップへはもうほとんど無理って。

2005.11.13 Sun

週末色々あって激疲れた。

トラマン様の活躍や近影(テレビで)もあまりなく、

トルコのナショナルチームは負けてしまったし。ああおそろしや。■



Category:旧__テレビ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

イルハン・マンスズがCMにい~

2005.11.09 Wed
2005-11-09.jpg

イルハン、モデルに?!みたいな記事がだいぶ前の新聞に載ってたけど、

今日は彼のテレビCMを見た。


女の子とビーチサッカー(あんのね、そんな

スポーツ・・ビーチといやあバレーと思っててすみません)で対戦し

女の子にゴールを入れられいやあ~まいったねっ女の子やるねっ!てかんじのCM・・

いやな予感は的中、それは生理ナプキンのCMじゃった。


特にイルハンのファンではないけど、日本人女としてトルコを歩いてて

通りすがりのアホ丸出しの若者に脈絡なく「イルハン!イルハン!」とか

言われていた(この頃は少ない。日韓ワールドカップの頃か、

日本人女子はイルハンに夢中!というニュースが流れまくった際はすごかった。)

という事から、どうも何となく消息が気になる存在ではあった彼、

日本で流れてたトヨタのCMは格好良かったし好きだったんだけど

生理用なぷきんはなあ・・。いや、いいんですけどね。

でもあのヒゲもなあ・・。いや、いいんですけどね。

なんか私の輝けるイブラヒム・トラマン様もいつか同じような道をたどって

ちょっと苦い気持ちでテレビを見ることになったらどうしよう、と

将来を憂。■

イルハン生理用なぷきんCMさいと



Category:旧__テレビ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。