RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

壬生義士伝

2007.01.19 Fri

やばいよ。面白すぎます、これ。

実はわたし、時代小説って読むの初めて。

上代モノは好きでよく読んでたが、江戸時代とかサムライ系、

その辺りはもうぜ~んぜん、興味ないというか知らない。

「大当たりだった」という友人に借りて、恐る恐る読み始めたところ、

私も1日で貪るがごとく読んでしまったのでした。泣ける。泣けるぜ。

斎藤一の部分が一番好き。


何と偶然にもその友人がトルコ人の知り合いから映画版「壬生義士伝」も

借りたとのこと。中井貴一が吉村貫一郎を演じたというその映画はまだ

観てないのですが(数日中に借りられる予定)、まあ2時間やそこらで小説の

あの面白さは出せないだろうなあ・・でも楽しみ。


トルコで頭はどっぷり幕末。新撰組。戊辰戦争。ここどこだよって。

実家の本棚に司馬遼が沢山あるのに全く興味が無かったけど、

今度帰ったらいくつかトルコに持ってきて読んでみようっと。

ついに時代小説にはまるか、私も歳取ったなあ、なんて思うけど。■


→映画みた。小説読んでなかったらまあ、「こんなもんかな」と思っただろうけど・・

正直言って、ぜんぜんよくなかったよ~!色々盛り込みすぎて、散漫になってしまってる。

子役の部分、イラネ。そこまで入れようと思ったら30時間位必要だ。

配役が「合ってる」と思ったのは中井貴一と沖田役(ぴったりすぎ)と土方・近藤役の人くらい。

あと、中谷美紀。ありゃ何だ、あの死に方。花とか散っちゃって。首つれ、首!■



スポンサーサイト
Category:旧__読書 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

北村薫「空飛ぶ馬」

2006.05.05 Fri

話自体は面白いんだけど、主人公の女子大生のあまりの文学少女っぷり優等生っぷりが

嫌味で嫌味で鼻につきまくり、途中で放ったまま頓挫読だったが、このたび完了読。

かさねていうが、話はおもしろい。特に「赤頭巾」が好きかなあ。

なんかアナトール・フランスの引用だったかなんか忘れたけど名前が出てきて、

某漫画家の「ヒヤパカ」だったか「パンゲア」だったか覚えてないけど、

「アナトール・フランスとか愛読しててェ」といった因業女子大生を連想させ、

ぶっとふきだしてしまいました。

同じ女子大生とは思えんけどどっちかっつーと後者の方がリアル。

・・小説しかりブログしかり、自分の文章の中に他の作家の名前や他の作家の作品部分を

登場・引用させて自分の小説やブログを粘土で外からぱしぱし固めるような

やり方って、楽だけど嫌味やね。

北村節ってことで、おゆるしあれ~■



Category:旧__読書 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

「最悪」奥田英朗

2006.04.19 Wed

今日も暇だったので、借りた本を読む。

単行本は文庫本と違って、背表紙にある簡略説明(ありゃなんという

んでしょうね)がないので、小説の道すじというか国籍というか、

地図のようなものがない。ぱらぱらめくって現代劇だということは知れたけど、

筋についてはまったく謎。だからこそなのだろうけど、一気読み。

こういう、犯罪をからめて現代の人間群像を描く小説って、

読んだからといって何が残るわけでもないんだけど、面白いなあ。

難しい漢字もないし。

まあ、やくざとか犯罪が対岸だと思えるから読めるんだろうけどさ。気楽なもんよ。

ていうかイスタンではこのごろ犯罪どころかテロで人死んでるつうのに。

それすらも対岸なんだけどね。


面白かったんだけど、ひとつ沈殿物として残ったものがあって、

というのは、「柴田老人」の始末のされかたがあまりにあっけなく

そして悲しすぎる。主人公の一人である銀行員の女の子の

「最悪」の一つの材料としてスパッと料理され、捨てられているんだけど、

その情のなさが逆にリアルなのかなとも思ったり。■

最悪



Category:旧__読書 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

風邪と羊肉。

2006.04.17 Mon

ばー。扁桃腺が腫れ、頭が重い。腰も痛い。

ずっと寝てたけど、高熱でうなされてるわけじゃないので

暇で暇で、借りた本をよみまくっている。

今日は真保裕一の「連鎖」というハードボイルド推理小説を寝床で

読んだんだけど、登場人物が多くて途中でわけわかんなくなって

しまいました・・。ハードボイルドって、読んでるうちはいいんだけど

冷静になってみると「こんなこと実際いわねーべ」ていうセリフが

多くて、気づくと入り込んでない自分がいる。

たいてい鼻っ柱の強い美女が出てきて(はーどぼいるどじゃけんね)、

体制に真っ向から立ちむかう無骨だけど正義感あふれる(はーどぼいるどじゃけんね)

主人公と二人で、テンポのいい憎まれ口の応酬、という場面が

たくさんでてくるんね・・。

小説に食肉輸入とか「ミート」という単語が出てきまくるので、読んでるうちに

どーーーしても赤い肉(しばらく食べてない)のハンバーグが食べたくなり、

冷凍庫に転がってた羊肉のかけらを解凍しフードプロセッサーでひき肉にし、

パン粉も玉ねぎも何もないので(とほほ)卵と香辛料混ぜて焼いたら

まづかった。だいたい風邪の時にディナーに羊肉ってどうなんでしょうか・・■



Category:旧__読書 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。