RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

皆既日食

2006.03.29 Wed

すげえフィーバーぶりで、皆既日食はトルコを通り過ぎていきました。

地中海沿いの大リゾート地・アンタルヤを通るということで

外国からもいっぱい日食ファン(ていうのか?)が来たらしいです。

最初、エジプトが一番の観測ポイントだと言われていたのですが

嵐(砂嵐でしょうか)があるので、トルコが一番だということに

なったとのこと。幸運にも今日はびかびかに快晴。


日食の通り道を大幅に外れているイスタンブールでも、14時頃

真っ暗というほどではないけど少し薄暗くなり、

サングラスを通して太陽を見ると三日月のような形になっていました。

日食なんて始めて肉眼で見た!すごーい!


ほんの数分の事だったけど、これが本当に日食の通り道で

一瞬真っ暗になるのだったら、日食ツアーとか行きたいかも!と思った。

もちろん長鳴鳥がコケーーーーっっとかいってほしい。

次のトルコ日食は2080年だとか・・。生きてないし。■

(写真はSABAHサイトのニュースページより、なんか好きな写真)

2006-03-29.jpg

スポンサーサイト
Category:旧__いすたん生活 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

がんばれ疣~

2006.03.26 Sun
2006-03-26.jpg

さくじつ、イブラヒム・トラマンさまが自ゴールに

お収めになられた白黒蹴球のために何ら辱めを

受けることはございませんことよ。

ずっとトルコにいてね。

外国になんていってしまわないでね。■


(写真は公式サイトより、右のハゲではありません念のため)



Category:旧__とらまん | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

モンスター

2006.03.22 Wed
2006-03-22.jpg

昨日、観たかった映画「モンスター」が、テレビ・カナルDで

放映された。吹替え&カット場面多数であろうテレビ放映で、

まともに鑑賞に堪えうる程度のつじつま合い映画になってんのかと

危惧もしたが、カットはそれほど気にならなかった。


前に「ターミネーター」をテレビで放映してたので見てたら、

ターミネーターと最後に戦う日の前日、モーテルでの

主役2人のベッドシーンがごっそりカットされてて、

「ちょっといい雰囲気になって・・最後の所はカット」なら

まだしも、なんか普通に話してて、いきなり朝だ。

そこがあの映画の軸だっつーのに、筋わからんがな。

さすが、映画館でもエンドクレジットを最後まで見る人のいない国である。

映画の軸とか裏側とか、どーでもいーんだねえあんたらは。


「モンスター」、実話だということも知らず、「何か売春婦とレズビアンが

出てくる」「シャーリーズ・セロン&クリスティーナ・リッチ」ということ位しか

知らないで観たんですが、(リッチが売春婦なのかなと思ってたからなー)

うう、お、重かった・・。

買春をしようとしたおやぢたちならまだしも、人の良いおじいちゃんまで

殺した時点で正直アイリーンに全く同情できず、「工場でも何でもいいから、

健康なんだから働けっつーの!どんなことがあってもじいちゃんは殺すな!!」なんて

映画の本筋を全く読み取れない反応しかできなかった私。

最後の法廷シーンで急に滂沱状態になってしまったのですが、

滂沱になったところで、いきなしCMだ。3分位。

涙ひっこんだところでラストシーン。1分。終了(むろんクレジットなし)。ははは。

いつものテレビ放映ルールが適用されたってわけですな~。

(放映開始後1時間CMなし、その後10分毎位にCM、

ラストシーン1分だけを残してその前にCM5分位。10分の時もあり)

まあ、テレビですからね~文句言えないですが。


アイリーンのドキュメンタリー映画のサイトから

アイリーン本人の顔写真を拝借。なんか目がね、こわい。■



Category:旧__映画・音楽 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

ああー。買っちまった。じゃんくふーどへの「いつか来た道」。

2006.03.18 Sat
2006-03-18撮

数ヶ月前に異様にはまり、1日1袋を毎日食べていたという

いわくつきのポテトチップを、ひさしぶりに買っちまいました。

もう止めよう、というか絶とう、と決心したというのに、ああー。

トルコで売ってるポテトチップは、たまにゲロまずのものもあり

油断がならんのだが、こーれーはーうまい。

日本人なら多分皆うまいと言うはず。


「Laysレイズ」という有名なポテトチップスの「yogurt ve Mevsim

Yesillikleri cesnili」ヨーグルトと季節の青野菜あじ・・か?

Laysでも、似たような黄緑色の袋で違う味があるので

食べてみたい方は右上の「HASAT SENLiGi」というマークを

しっかりチェックしてくださいな。

ちなみに大袋(165g)で2YTL(170円)です。

トルコ、こういうポテトチップスとか高いんです。


んが、久々に一袋一気食いじゃあー!!と鼻フンガフンガさせて

食べ始めたら、塩辛いーー!!

美味しいんだけど、塩辛!!で半分しか食べられませんでした。

1日1袋をうまいうまいと一気食いしてたあの頃、

この塩辛さを感じなかったんか私は・・やっばー。

顔も土色だったことでしょう。

あー。カールたべたい。あとサッポロポテト

バーベキュー味もたべたい。■



Category:旧__料理・たべもの | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

しみっとってご存知ですか。

2006.03.17 Fri
2006-03-17.jpg

友人(日本人)と、外で会った時のこと。

これから日本人とタクシムで会う約束をしているのだが、

初めて会う人だし、紹介してくれたトルコ人に義理があり

断れないのだがあまり気が進まない、暇なら一緒に

行ってくれないか、と言われ私もちょっと興味あるなあと

いうことで一緒に行くことになりました。


タクシムで、待ち合わせ場所はどこなの?と聞くと、仲介者?のトルコ人が

指定してきた所は「しみっと・さらいsimit sarayi」(意味:しみっと宮殿)・・

その時点で腰がくだけて大笑い、次第に文句たらたらの私だったのですが、

会ったその日本人のすさまじさに別の意味でもっと腰くだけ。

(その人の詳細については書きませんが・・)


しみっとsimitってご存知ですか。

もし日本人で、トルコとは関係のない人生を送っておられるのでしたら、

知るわけないですね。

道などで売ってるリング状のごまパン、トルコの超お手軽B級フードです。

レストランに入る時間のない時や小腹がすいた時にいつでもどこでも入手でき、

歩きながら食べていても違和感のないフードです。

トルコ人の生活とは切り離せないフードですが、おしゃれとか

そういう雰囲気とは程遠いフードでした。

それが、3年前位にイスティクラル通りに確か「しみっと・どぅんやす

simit dunyasi」(意味:しみっとワールド)という

しみっと専門店が出来、その時のメディアのその店の扱いというのが、

お洒落なトレンディーシティーライフにしみっと。

しみっとはもっと進化できるさ。みたいなかんじだったのです。

そこまではよい。

すると、真似好きの厚顔無恥のトルコ人商人は、ものすごい勢いで他のしみっと専門店を

各地に開店させていき、一時は「しみっと」と看板にありさえすれば儲かる、とでも

思ってんのか?という程の勢いでした。今は少し落ち着いたように思いますが、

多分今でも一番成功してて店をよく見るのが先述の「しみっとさらい」。

パイオニアの「しみっと・どぅんやす」の影はもうありません。

まだイスティクラルにあるのでしょうか?


なぜ私が、待ち合わせ場所に「しみっと・さらい」を指定されて大笑いしたかというと、

せっかくいくらでも雰囲気の良いカフェやバーのあるタクシム周辺で、

馬鹿の一つ覚えのように、「しみっと・さらい」で待ち合わせ。

朝食を採る為に利用するのはよいとしても、友達や知り合いとの待ち合わせ場所に

「しみっと・さらい」を指定。程度ひくいな~っと思ったわけです。

いい大人に、代官山で会いましょう、代官山のマクドナルドで。といわれたら、

腰くだけませんか?

(いや、代官山に行ったこともないし代官山にマクドナルドがあるかも知らないっす)

しかもその日は土曜日・夜。一番華やかさがピークになる曜日と時間帯だったのです。


ものすごく行きたくなかった土曜日・夜の「しみっと・さらい」だったのですが、

ほぼ満員。週末にタクシムに来てみたはいいがどこに行っていいか判らず、

とりあえず「想定内」である「しみっと・さらい」に緊急避難、

「しみっと・さらい」は俺らを裏切らないよな、友よ・・

そのままチャイだけで緊急避難のはずが沈没しているような人たちばっかでした。

ま、混じりたくない・・。混じりましたけど・・。


なんか文句ばっか言ってますが、「しみっと・さらい」を叩くつもりはございません。

待ち合わせ場所にそこを指定したトルコ人がどうかしてると思うだけで。

高校生が授業後に友達と待ち合わせ、じゃないっつーの。

私は「しみっと」はゴマが嫌いなので殆ど食べませんが、しみっと専門店で必ず売ってる

「あちま」というパンはよく食べます。中に黒オリーブが入ってるのは吐きましたが・・

(プレーンと間違えられた。一瞬チョコ入りかと思ったよ!)

あと、「ぎゅるぼれーい」(薔薇形のパイ)も美味しい!

ポテト入りと白チーズ入りがあって。

クッキーやケーキ(まぢい)もあるし、テイクアウトもできますので、

トルコにいらっしゃった際にはぜひおためしを。(綺麗な終わり方・・)■

simit sarayi



Category:旧__料理・たべもの | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

ぱざーるで野菜まとめ買い

2006.03.15 Wed

トルコにゃ「ぱざーるpazar」という言葉があります。「バザール」でなくて「ぱ」。

ズバリ「日曜日」という意味の他に、まあ、「市場」とか「市」というほどの意味を持つ

単語です。で、トルコ主婦が「ぱざーるに行く」というと、その「ぱざーる」は大抵

「1週間に一度催される近所の青空市場」のこを指すと思われます。

この地域には水曜日、このへんには金曜日、土曜日・・といった具合に、

地域により曜日も規模も売ってる内容も微妙に違うそれぞれの

「ぱざーる」があるのです。まあ大体は食料品・衣料品・日用品が中心です。

私設市場ではなく政府公認?のもので、ぱざーるの前日にはどこからか

売り場にする木の台が運び込まれ、道に積み上げられたりしてます。小汚いです。


野菜はスーパーよりも安く新鮮なので、トルコ主婦はぱざーるで

1週間分の食料品をまとめ買い。米などの穀物や卵、ナッツ類もあります。

しかし俗に言う「あちゅっく」=オープン、なので産地や鮮度があいまい、

混ぜ物があるかも(蜂蜜はよくやばいと言われる。)、

テレビで「ぱざーるの食料品は信用するな」とキンキン言われている事も。


私はといえば、トルコに住み始めの頃はぱざーるが楽しくて大好きで

家から遠いぱざーるに友達と出かけたりして(んで野菜とか買ってんの)

あんな珍しい野菜があった、こんなかわいいTシャツがあったなどと

喜んでいたわけですが、今は正直全然行く気がしない。

家から歩いて20秒位の所から毎週始まるぱざーるがあるのですが、

誰か小遣いやるから買って来てくんないかなーとさえ思います。

面倒くさい理由の一つに、なじみの店を作ってないからということがあります。

ぱざーるでなじみの店を作るには、顔が覚えられやすい日本人には簡単な事で、

毎週浮気せずに同じ店で買うのだそうです。すると、少しおまけしてくれたり

古いものをつかまされたりという事がなくなりお得になると。

しかし私の家から近いぱざーるは結構規模が大きく、先週と同じ店かどうか

よく判らないまま、あっ今週はこっちが安い、今週はこっちが新鮮そう、と

適当に買い続け、全くなじみの店を作ってこなかったのです・・失敗。

だから常に、古いものをつかまされたり重さごまかされたりの危険に

目を光らせつつ買い物しないといけない。リラックスできん。あーしんど。

スーパーの方が気が楽・・でもちょっと安いことを思うとやはり

ぱざーるで買いたい。あ~もう夕方~いかなきゃ~てなわけです。


先日かわいいことがありました。大根を買っていると、そばにいた

おばあちゃんが話しかけてきたのです。ちなみに大根はトルコでは

あまりメジャーな野菜ではありません。

おばあちゃん「この野菜なにっ?!」

売ってるおっちゃん「中国カブラだよっだからほら・・(私を見る。

ほら中国人が買ってるだろ、と言いたかったんでしょう)」

おばあちゃん「どうやって料理するの?」

私「煮るんです。鶏とよく合います」

おばあちゃん「煮るって、どうやってっ!?」

私「え~・・水と醤油と(あー醤油なんて言ってもわかんねーだろうな・・

まずいどーしよ)砂糖と(あーだしも要るんだけどわかんねーだろうな・・

まずいどーしよ)鶏で、に、煮ます・・」

おばあちゃん「サルチャ(トマトペーストのようなもの)はっ!?」

私「日本食にはサルチャは使わないんですよ・・(←さりげなく日本人であることを

アピール)」

おばあちゃん「サルチャ使わないの?え~・・」

私「サルチャは使わないんですよ・・(ここで譲ってはいかんと思いつつ)」

おばあちゃん「まあいいわ、試しに買ってみる」

私→そそくさと逃げる


ああ・・おばあちゃんの家でどんな謎な料理が出来上がってるかと思うと

罪の意識に苛まれます。素直に生でサラダで食べると言っときゃよかった。

まあサルチャで煮てもおいしくなる・・かもね?■



Category:旧__いすたん生活 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

大学生ゆくえふめい~

2006.03.09 Thu

イスタンブール総領事館からのe-mailでの様々なお知らせを

受け取れるようメールを登録しているんだけど、

今日来てたメールでは、旅行者かゆっぷのお知らせが・・抜粋すると

「●邦人短期渡航者が昨2005年10月30日から11月9日までの予定でトルコに渡航し、帰国予定日(2005年11月10日)になっても帰国していないため、ご家族から捜索願が出ております。お心当たりのある方は、当館領事部まで情報をお寄せ下さるようお願い致します。」

んで、彼の名前や経歴と顔写真がどーーんとメールに添付してあったのだが

(けっこう男前)うーん、イスタンに在留してる日本人とは

接点ないだろうなあと思いつつも、ここまでしないといけない程

全然手がかりないのかも・・かわいそう。

本人じゃなくて両親が。せっかく良い大学入れてこれからって時に、

謎の国トルコで行方不明って・・。


数年前にも消息不明になった、メガネをかけた日本人の女の子の写真が

領事館にずっと貼ってあったっけ。あの時は、カッパドキアでトルコ男と一緒にいたとか

何処何処で見かけたとか遊び半分のような不確かな情報がネットで流れたりして・・

ご両親がトルコに来て情報呼びかけとかしてたんじゃなかったかな?

彼女は見つかったのでしょうか・・。


彼や彼女がそうかもってわけではないけど、カッパドキアで一人で

レンタバイクで疾走してる時に盗賊に襲われて失踪、てのも結構あることらしい。

トルコは「危険な国」ではないけれど、日本人が想像もつかないような貧乏な生活をして、

日本人が想像もつかないような良心のかけらもない人間が存在することは確か。

「イスラムの国だからこういうことはしないだろう」っての、関係なし。

イスラム色が濃い→よい人間、という図式も全く当てはまりません。

田舎の人→よい人間、という図式もしかり。


かといってトルコを旅行してたら旅行者に無償で親切にしてくれる人も

無数に居るわけで、そういう人の親切まで無下に断るってのも失礼だしつまらない。

そこで、旅行者としてトルコをまわるには、「この人間には付いていったらやばい」

「この人の目はおかしい」みたいな、日本人が日本で日々全く使っていない

「野生の勘」のようなものが必要とされる気がする。

睡眠薬強盗やキャッチバーに遭ってしまう日本人旅行者は、野生の勘・アンテナの

ようなものがなかったか働いてなかったかどちらかなのだろうと思う。

「無償で親切」か「下心あり親切」か、それを見分けるには、やっぱり

旅慣れるってことしかない気がして、だから行方不明になったり睡眠薬強盗に

遭うのは大学生、と相場が決まっているのであり・・。

30歳大陸横断パッカー睡眠薬強盗に遭う、とかあまり聞かないもんね。

(いや、行方不明になった彼らがそういう人に出会ってついていった、と

断言してるわけじゃなくて、そういう可能性もあるということで・・)


無事見つかるといいね。ほんとに。ご両親が気の毒すぎるよ。■



Category:旧__いすたん生活 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

アカデミー賞みそこねた。

2006.03.06 Mon
2006-03-06.jpg

AM3時からNTVというテレビ局で始まるアカデミー賞生中継を、

できたら見ようと思ってやはり寝てしまいました。

でもさっき調べたら、フィリップ・シーモア・ホフマン主演男優賞

取ってるね!!わーい。何の映画か何の役かは知らないけどPSHが

賞を取ってくれるか否かだけを見たかったからね。(うそですが)


YAHOO!のアカデミー賞サイト見たら「小太りで変態といった役どころを演じると

天下一品といわれている」って、そのとうりですけどあんまりな物言いw

「マグノリア」でまともな介護士を演じてた時は誰しもが「絶対最後に

PSHはやってくれる・・何かやるはず・・」と思ってた(当社調査)くらいだし。

「ビッグ・リボウスキ」でも、一見まともな?秘書役なんだけど、

誰もが「この秘書は幼女とか好きなはず・・」と思ってた(当社調査)。

「リプリー」でも・・って、けっこうまともな役やってるじゃん!

なのにイメージは「小太りで変態」なんだなww


なんにせよ、おめでとー!!



Category:旧__映画・音楽 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

しゃらっぷえび

2006.03.03 Fri
2006-03-03.jpg

友達とワインレストランに行ってきた。

イスタンブールのイスティクラル通りにある魚市場(バルックパサージ)

近くには庶民的な飲み屋が並び、週末には狭い通りが激烈に混む

「Nevizadeねびざーで」という歓楽街がある。

店によるけど平均してジョッキビール4リラ(330円位)程度かな?

まあ、薄められてんじゃあ・・という疑いもなきにしもあらず、みたいな、

それでもいいや、飲めえー、ポテトフライもあるでよ、みたいな通りです。

しかし、いっつもねびざーでばっかりで何だかやっすいよなあ、

大人なんだからたまには違う所にも飲みに行こう、河岸かえたろ、ということになり、

でもねびざーでから歩いて2分位のところにある(あんまり変えてない)

2003年にテロ爆破された(ちなみに死者多数)英国領事館の向かいにいくつかある

ワインレストランのうちの一つ、「PANOぱの」に行くことに。


「PANO」は数年前に日本人同士で行ってぼられかけたことがあるので

あまり印象が良くなくて、今回も日本人だけなので、隣の「Victor Levi」の方が

いいかなと思ったんだけどなぜかPANOへ。深い意味はない。

地下の洞窟のようなテーブル席へ。


PANOオリジナルワインが1本15リラ(1250円位)、がぶ飲みしなければ3人で

ちょうどいい。あと白チーズ盛り合わせ10リラとか、色々前菜を頼む。

ワインは飲みやすくて美味しかったが、(しかし私のワイン評価基準は

飲みやすい→おいしい、飲みにくい→まぢい、になるので信用しないで下さい)

白チーズをはじめとする前菜がどうもいまいち・・「Victor Levi」の方が

良かったか。

何だかやだったのは、白チーズの大皿にレースペーパーが敷いてあるのだ。

チーズとか野菜の水分でべちょべちょ。店内暗いし、食べるよこりゃ。

あと、殻を赤く着色したゆで卵がまるごと皿の真ん中にあって、トマトと思って

ナイフ当てちゃったよ。がちーーって。そういや数年前来たときも

あったあった赤ゆで卵・・


今回はぼられそうになることもなく、無事3人分で50リラの会計で済んだが、

もし行く人があったらメニューの値段を覚えておいて、合計金額が幾らに

なるのか大体目星をつけておくことをお勧めします。

うーん、ていうか、やっぱり私はねびざーでの方が好きかも。■

(写真はネットで拾ってきたもの)



Category:旧__いすたん生活 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。