RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

気になる土葬

2006.08.18 Fri

友達と今、お葬式ブーム(何それ)で、トルコの葬式に参列してみたいなあ、と常々言っているのです。よく考えたらものすごい不吉なセリフですね。トルコは土葬で(イスラム教徒は絶対に火葬にしないらしい)、遺体を麻袋みたいなのに入れて埋めるのですが、その麻袋って、大きさが決まっているらしいんです。ものっすごいFatオバサマを見ては「入らねーだろ!」とか言ったり。「子供はどうすんの」「すまきか」。

モスクの横に小さな墓場がある事も多いですが、(寺の横に墓場があるのと同じですねえ)それは既に遺跡っぽい感じで、お参りしている人も見ないし、あまり現代の人とは関係がないみたい。墓石の形も古いし、年代モノ。今はイスタンブールの周辺にいくつかある巨大墓地に葬られるようです。

巨大墓地に入ってみたことがあるのですが、人が埋められてると思しきスペースがどうも「こんもり」しています。「幾らなんでもあそこにすぐあるわけでは・・」「何メートルか下だよな・・」と言いつつ、こんもりした土の上に生えている花や草木が異常な発達をしているのが気になる日々です。

不吉な話題ですみません。■



スポンサーサイト
Category:旧__いすたん生活 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

蒸すということ。

2006.08.15 Tue

2006-08-15.jpg 

去年日本から持ってきていた上新粉が、手つかずで賞味期限を大幅に過ぎているのに気付く。和菓子の本を見て、柏餅が美味しそうだなあ~粉末あんもあるし、今日のディナーは柏餅だあ!・・なに、蒸す。蒸せとな。そ、そうか。上新粉をモチ状にするには、蒸さんといかんのか。蒸し器がうちにはない。トルコで「蒸す」という調理法は、メジャーでない。まあ大体が蒸し料理って東アジアなかんじですけどね。

ネットで見ると、トルコには大手電気メーカーらが出している「電気蒸し器」なるものがあるのだと知る。(写真)しかしなんか、2段や3段になっててうざい。電気代かかりそうだし。もっと簡単に、真ん中にアルミ板の入った鍋でいいじゃないか。探せばあるのかしら・・見たことないけど。板、ワイヤーで手作りしてみようかなあ。ちょちょっと柏餅を作る予定がこんなことに・・■

つづき。結局手作り蒸し器はあきらめ、電子レンジで作ってみたんだが、成形がものすごいことになってしまいました。小学生のケンちゃんでももうちっとマシだろ、みたいな。和菓子って芸術ですね。■



Category:旧__料理・たべもの | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ロンドン

2006.08.10 Thu

え~・・ロンドンに行ってきました。すんでのところでテロ騒ぎに巻き込まれる事もなく、日本食を合計7.5キロ買い込んで、habitatハビタでトード・ボーンチェ「ガーランド」も5つ買い込んで、帰って来ました。「ガーランド」意外におっもい。金属じゃけんね。でも、15ポンドだもん。3000円ちょっとだもん。安い。早速取り付けたら、何だか部屋が暗い。こんなに暗くなるとは。部屋の中心的存在電球じゃなくて、他のところにつけようかな、と外そうとするがもちろんからまりまくりで、無理。どないしょ。ま、まあいいか・・。あと4つあんだけど・・。あとハビタでは「OUR CROWD」(写真)というペンダントも購入。20ポンド。重くて多分うちの電球には付かないだろう。付けたら中の電線とかずるずる出てくんだろな。それより天井の内部で電線切れそうだし。どないしょ。

あと、chef'n社のソルトボールとペッパーボールも買った。1個4ポンド。トルコでも日本でも売ってるけど。最近内田春菊の「ワイルドハンズ」を読んで、どーしても欲しくなったの。岩塩とか胡椒が片手でがりがり擂れるという。マグネットがついてるので、冷蔵庫にくっつく。コパ風水の本に、冷蔵庫の扉に色々な物を貼るのは絶対にやめろ、やめないと怖いぞ、みたいなことを書いてたので今まで避けてたんだけど、なんとなく解禁。でも、今までつるりと何も無かった冷蔵庫の扉に、何かが(うさぎ型なんだが)いるのが目の端に見えて、何度かビクっとする。や、やめよっか・・。■

2006-08-10.jpg

Category:旧__海外旅行 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。