RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

トルコで銀行、のいろいろ・その4

2006.09.27 Wed

2006-09-27.jpg ガランティ銀行。ほめすぎでした。やはりココはトルコ。過去の日記「トルコで銀行、のいろいろ・その1~3」で、「なかなかいいよ、ガランティ」と言っていた私ですが、この度恐れていた事が起こってしまった。

「謎の引き落とし」。出たよ。一番恐れていた事が・・。先日、少しお金を入金するため銀行に行き、久しぶりに通帳に記帳をした。その時は気付かなかったのだが、家に帰ってからチェックすると、あれ?謎の引き落としがある。25YTL。2000円位。ELMA(銀行が勝手に引き落として勝手に投資して儲けた分を勝手に入金してくれるというガランティ銀行のサービス。よく判らんけど損はしないので登録している)か?と思うがそうではない。通帳だけでは詳細が判らないのでインターネット支店にアクセスしてみると、「保険」の引き落とし・・何コレ?


時は金曜日の夜。月曜日まで待てない私は24時間通じるガランティ銀行のテレフォンセンターに電話をする。客番号、暗証番号などを入力し、やっと人間とつながり、これで話が出来る、と思ったら、相手は「あなたのお母さんの旧姓は?」と来る。まあセキュリティ上それは仕方ないと思い、「T、A」というと「あ、もういいです」だって。どうせなら全部言わせろおお!!が(ここから私のトルコ語を、相手に聞こえてるであろうニュアンスで記述します)「ヒキオトシ。ワタシシラナイ。ナニコレ?」と、既に頭に血が上って、もともとトプカプの城壁並みに崩れている私のトルコ語文法が更にグズグズになりだしているというのに、彼は「4440336へかけ直して下さい」と言うではないか。「保険部門の電話番号です」・・・。


いーよ。かけてやろうじゃないの。保険部門、まっとれ!!とマッハの勢いで(ちょっと頭を冷やすべきでしたが)かけなおす。するとけっこうすぐ人間とつながり、詳細を説明。すると彼は「○○支店で保険の申し込みがあったようです」「シラナイ!シテナイ!ナゼ?!」「8月7日に・・」「8月7日!!ワタシ トルコ イナカッタ!(丁度ロンドンだっ!)ワタシ トルコ イナイ!ダレ シタノ!ワタシ イナカッタ!」「誰が申込みしたのかというのは、こちらでは判りません」「ケイヤクショ ドコ?○○支店ノ ダレ シタ!」「判りません、残念ながら・・○○支店に連絡して(あなたが)調べていただけますが」「○○支店カラ ワタシ カケロ!アス!ナゼ ワタシ カケル?○○支店カラ カケロ!」「解約していただけますよ」「○○支店カラ ワタシ カケロ!カケ・・ん?」「お望みでしたら解約できます」「カイヤク!カイヤク!」「解約しますか?」「オカネ モドル ネ!」「返金させていただきます。解約しますか?」「カイヤク!カイヤク!」「解約いたしました。他に何かございますか?」「・・・アリガト。」チン。ぜえ。ぜえ。


ガランティ銀行のお兄ちゃんは、変な外国人のグズグズトルコ語にもめげず終始冷静で、終始早口トルコ語であった。ちょっとは手加減してよ。もし相手が女で、キンキン声で「(私は)知りません!」などと言われていたら、私は激高のあまり電話機を破壊していたであろう。


後日チェックしたところ、電話した3日後に返金されていた。まあそれは褒めてやるとして(当然なんですが)、つーかほんと、何だったんだ一体。こまめに出入金チェックしとけ、ということでしょうねえ・・油断はいけませんな。ガランティさん、ジャズフェスティバルなんて催してる場合じゃないよ。しっかりしてよ。しかし猫も杓子もジャズジャズ・・。毎年のことながら、少しうざいです。どこかエレクトロフェスティバルでも催してみろっての。■



スポンサーサイト
Category:旧__いすたん生活 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

天の川とは

2006.09.19 Tue

気付いたら3週間書いてなかった。何だかバタバタしてまして。

このごろ、寝る前に「宇宙の事典」(ナツメ社)という本を読んでます。

カラー写真満載で読みやすそうなので買ったんだけど、物理っぽい話も多く、

単位が大きすぎて頭がぼーっとしてきて、睡眠導入剤としてピッタリな一冊であります。


この本を読んでてはじめて知ったんですが、私達の「太陽系」って、ありますよね。

「水金地火木土天海(冥、がなくなってさみしい)」の、アレです。

「太陽系」は「銀河系」の一部で、「銀河系」はさらに大きな「局部銀河群」に属し、

「局部銀河群」はさらに大きな「局部超銀河団」に属すという・・。知らなかった。

「銀河系」って、イコールほぼ宇宙のことだと思っていましたわ。漫然とした「銀河系」たる

宇宙空間に、ぽっちりと太陽系があるものだと。無知すぎ?これ常識?

つーか、そんな小さいハナシじゃなかったんですね。はあ。


「太陽系」は、平たい渦巻状の星の集まりである「銀河系」の、端のほうにあるのだと。

で、「天の川」って、銀河系の断面なんだそうな。これも、知らなかった。

いて座方面に銀河系の中心があるので、(太陽系は銀河系の中心から離れているので)

いて座方面の天の川はひときわ太くて明るく見えるのだそうだ。

文章で説明しきれないので、興味のある人はぜひ本を見てみてくださいな。面白いよ。

読んだ日には、私は空いっぱいの天の川を見て感動している夢を見てしまいました。


諸星大二郎の「暗黒神話」で、最後に56億年後の地球に来てしまった主人公が、

「56億年後」というのを、膨張した太陽の姿で知るというシーンが好きだったんだけど、

(釈迦が56億年後に弥勒菩薩になってよみがえるという話に繋がっている・・スケールが・・)

この宇宙の本を読んでると、太陽が晩年に膨張するというのは本当で、

最終的には地球なんて飲み込んでしまうらしい。弥勒菩薩ものみこまれちゃうねえ・・■

2006-09-19.jpg

Category:旧__いろいろ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ズッキーニ問題

2006.09.01 Fri

かねて懸案のズッキーニ問題に、新たな報告。

トルコではとてもポピュラーな野菜の一つである、ズッキーニ。日本人同士での会合で、必ず議題に挙がる問題の一つに、そのズッキーニをどう料理すべきか、というものがある。(ちなみに他の食料関連の必須議題としては「オクラ異様に短くね?」「変な薄いまだら紫のナスがあるけど、何よ?」「アーティチョーク気になってんだけど」などがある)「油で揚げたくない」「トルコ人揚げもんばっかだよな」「チジミ風にすればいい」「辛いのやだ」「固まらなくてゲロみたいんなった」「キッシュはどうだろう」「生クリーム高いよねえ」「煮物は今の季節暑い」等、数々の有志による報告があったが、本日私どもより、新たな報告をさせていただく。

やっぱりお好み焼きがベスト。すりおろして、卵と小麦粉と粉末ダシを加えるだけ。ネギがあれば尚良し。ズッキーニのぬめり感がヤマイモを彷彿とさせ、郷愁(日本への)を誘う一品に仕上がりました。

この報告により、市場でキャベツも見なくなって久しい今日このごろ、トルコで新たなお好み焼きのベース野菜として台頭することは必至であります。



Category:旧__料理・たべもの | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。