RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

洋梨疑惑・・

2007.02.28 Wed

前回、「数年前田舎からのもらい物のマルメロが、まんま21世紀梨の味だった」と書いたけど、もしかしてあれって洋梨だったんじゃあという気がこの頃している。今頃になって・・。


マルメロにはまってこの頃かなり食べているが、21世紀梨のようなマルメロには当たらない。どれも「カスカスパイナップル」。田舎からの貰い物だったので、産地が違うとかあるのだろうと思っていたんだけど、ありゃ洋梨だったんだよ。貰った時に「AYVAです」と言われたような気がしていたが、果物の形状を見て私が勝手にマルメロだと思い込んでいたのかもしれない。トルコの洋梨って日本のような綺麗な「洋梨形」じゃなくてゴツゴツして無骨だし。


洋梨も、もれなく柔らかくとろりとなるまで待って食べるものだと思っていた。いや、むしろ硬いまま食べた方がおいしい。同じ果物でも、色々と発見があるもんですなあ。■



スポンサーサイト
Category:旧__料理・たべもの | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

マルメロ食い

2007.02.24 Sat
2007-02-24.jpg

3年ぶり位にマルメロを買ってみた。

1キロ1YTL(85円)。4-5個位。(画像左がマルメロ、右は洋梨)マルメロにはあまりいい思い出がなく、トルコに住み始めた頃、どこかの田舎からの貰い物のを生で食べたところ、まんま「21世紀梨?!」な美味しさで、(トルコには洋梨しかないので、日本の梨のような味の果物があるとはと驚きだった)こりゃーいけるわ、と近所で買ってみたところ全然美味しくなかったのだ。変に苦くて。


でも最近、変わり映えしないトルコ冬の果物(ミカン、オレンジ、バナナ、キウイ、リンゴ・・)に飽きてきて、何か他の果物を買ってみたかったのだ。うん、久しぶりに食べてみると悪くない。すごく美味しくはないけど、「いつもと違う味の果物」だ。水分のないパイナップルのようだ・・ってじゃあパイナップルの方がいいじゃん!


ネットでマルメロについて調べてみると、「原産地はイラン、トルコ地方」なんだそう。そうかー、だからトルコでよく見るのか。日本で見たことなかったもんな。

ポルトガル語のmarmeloからきたという「マルメロ」の語感はとてもかわいいが、トルコでは「AYVA」あいわ。あまりかわいくない。全然かわいくない。

でも日本のマルメロ紹介サイトには殆ど「生食しない」「生食には向かない」と書いてんだけど・・トルコ人生で食べてますが・・(私も)。シロップ漬けにもしてみたが、生の方が美味しいと思った。

妙にはまって毎日のように食べていると、お腹の調子がいい。マルメロは食物繊維が豊富で便秘に効くらしい。

口当たり、「ほとんど繊維」だもんなあ。このカスカス具合にはまっている。■



Category:旧__料理・たべもの | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

機内食いろいろ

2007.02.12 Mon
2007-02-12.jpg

おもしろいサイトを発見。様々なエアラインの

機内食を、搭乗した人が撮ってupしているという。

http://airlinemeals.net/

オーストリア航空のビジネスクラスの食事風景にヨダレが・・

今お腹すいてんだよ・・まずいもの見ちゃったよ・・

一度トルコから日本へのトルコ航空で、オーバーブッキングの為に

ビジネスクラスになったことがあったけど、全然こんなんじゃなかったぞ。

エコノミーの機内食を1品ずつもったいぶって出したようなかんじで、

ちゃっと食べて寝たいのにうざかった。


トルコ航空の機内食はもちろん沢山あるんだけど(なかなか美味しそうね)、

トルコのセカンド・サードな航空会社Onur Air(おぬるえあー)、Atlas Jet、Fly Airの

ミールも少しあって面白い。

写真はイスタンブールから黒海地方サムスンへのOnur Air国内線。

トルコ人が投稿したようで、「4 little (or we can say micro) bisquits」だって。あはは。

しかもビスケットの名前「AS」だし。だからそれやめれって。「エース」の意味

のようだが、やめれって。語感よくないから。ガイジンさんも見てるから。■



Category:旧__いろいろ | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

降臨

2007.02.07 Wed

尊師がトルコにいらっしゃったとは・・■

2007-02-07.jpg

Category:旧__テレビ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ああ銀行

2007.02.02 Fri

飽きもせずネタを提供し続けてくれます、銀行は。

今日、私の携帯電話にガランティ銀行から電話があった。何だろうと思うと、「今年の1月1日から、2つ以上公共料金等の自動引落しを設定していない口座からは半年で23YTLの口座維持費の引落しがあります」というような、報告。去年までは1つだったのが、2つに増えたのだ。・・・実はわたしゃそれは知っていた。既に23YTL(2000円程度)の口座維持費の引落しがあったのを見て(明細チェック怠らず)、ガランティ銀行のコールセンターに文句を言おうと思って電話すると、「今年から2つ以上に変わりました」と言われたのだ。何というか脱力し、ブログに書く気も起こらず、年間4000円の口座維持費か・・はは、好きにしやがれ、という気持ちだった。


そしたら今になって電話で報告。これは銀行側の自主的なものではなくて、察するに、顧客からの苦情が相次いだのでは?だから今になって「とりあえず報告しとけ」となったのでは?そんな気がする。私はその携帯電話での「報告」に対し、「知ってる。」と冷たく一蹴。でも「どうしてお金を引落す前に報告しないの?ハッ(←鼻で笑っている)」とイヤミを言ってみた。すると相手はトルコ女特有のキンキン声で「何千人もの顧客がいるんです」「ハッ」「一人一人報告をすることは不可能なんです!」「ハッ」「でも今こうして報告しています」「ハッ」「これから先、2つ目の自動引落しを設定された場合、お金は返金します」「ハッ」「ではそういうわけで、ご来店お待ちしております、さようなら」ブチ。


どうなんだろうねえ、これ・・日本だったら、文書で顧客に報告するかな?ちょっと大げさか。新聞やサイトで告知したりするかもね。でもどちらかというと、今の日本の銀行って、口座維持費や振込手数料なんかは金額が安くなったり無くなったりの傾向にあると思う、詳しくは知らないけど。時代に逆行したこのガランティ銀行の暴挙・・危ないんじゃないでしょーね?とも思うが、逆に強気だからこそ、そこまでしても顧客が離れないという自信があるとも言えるし、わからない。とにかく、もうガランティ銀行からも全撤退したくなってきた。でもあまりに面倒。今思うと、やっぱりアク銀行から撤退するべきじゃなかった。


電話先の女を、イヤミな鼻先笑いで馬鹿にしてやったため、女は最後の方少し怒っているかんじだった。腹いせに、また謎の保険料金が勝手に引き落とされたりして・・何これ、いじめ?みたいな。(どんな銀行だよ)■

2007-02-02.jpg

Category:旧__いすたん生活 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

トルコで銀行・のいろいろ

2007.02.01 Thu

昨日用事があって、ガランティ銀行へ出かけていった。うう。寒い。しばれるってかんじ。このところずっと家だったので、こんなに外が寒いとは思わなかった。雪が降ってくれたらまだ雰囲気あるのに・・


用事を済ませた後、「外国人だけどクレジットカードは作れますか?」と聞いてみた。かなり前に聞いた時「英語の書類にサインする必要がある」という言い方だったので、もしかして何かの手違いで作れちゃわないかと思ったのだ。が、行員は予想していた「何年住んでいますか」「結婚していますか」等の質問は全くせず「働いていますか?」とだけ聞いてきた。「いいえ」というと、「ヨック。(=だめ。ほどの意)」と一言。そうですか・・やっぱりそうですか・・

きちんと労働ビザを貰って日本の企業で働いている友人でさえ、その企業と提携している銀行のクレジットカードを申請して何ヶ月も待たされたと聞いていたし、社員で働いていても外国人には厳しい壁なんだね、クレジットカードって。やっぱり。本当に支払能力が一時でもあったのかね?と問いたくなるようなバカ系トルコ人がクレジットカードを持っているというのに、ぐやぢい。でも仕方ない、あきらめ。■



Category:旧__いすたん生活 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。