RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

トルコで銀行、のいろいろ・その2

2006.04.05 Wed
2006-04-05.gif

去年だったかな、AKアク銀行の口座を解除して全部Garantiガランティ銀行にまとめたのは。トルコの銀行はニキビ並に簡単につぶれるので、たとえ大手でも安心はできない、と分けていた私のお金。でも分けて預金してみると意外に面倒な上、アク銀行の誠意のなさや対応のまずさがガランティ銀行に比べて格段に目立った。


まず、月に1度、郵便で口座明細が届くことが謎だった。

口座明細・・。トルコリラ、外貨の預金総額が明記されているのだ。当然のこと郵便なんだから住所も氏名も。便利だろうか?これ。請求書じゃないんだ。別に1ヶ月に一度確認して「ほお~、よしよし」というモノではないし、トルコのアパートって個人の郵便受けはあっても鍵なんてなかったり、郵便受け自体なかったりする。郵便なんて、簡単に他の人が持っていけるものなのだ。

幸いにも郵便が盗まれた痕跡はなかったが、こんな個人的なデータをわざわざ郵便料金を払って公示している(も同然)、というアク銀行の謎サービス。でも、謎サービスをやめてくれ、と言いに行く前に私のお金はアク銀行から全撤退することになった。


私は、アク銀行に1ヶ月更新の利息付ドル口座を持っていた。

1ヶ月毎に利息がつき、解約されなければ自動的にまた1ヶ月の定期になるというシステムである。一時はけっこうな額が入っていたが、殆どを日本円にしてガランティ銀行に移したので、その時口座に入っていたのは1500ドル程度だった。一時期の10パーセントという強烈なドル年利息に比べれば2パーセント台と減ったものの(今はもっと低いです)、日本よりはいいし、定期とはいえ好きな時に好きな額下ろせるので(ただし1ヶ月満期になる前におろすとその月の利息はリセットされる)微々たる利息ではあるけど定期のほうがいいかと思って残しておいたのだ。


旅行に行くんだったか何かで、ドルを少しおろそうと思い、家から近いアク銀行に行った。

すると、まず、「○月○日に来てください」と言う。ハア?「この定期が満期になる日におろしなさい」というのだ。えー、いやいや・・これまでの何週間分かの利息がチャラになってもいいんですよ、前はおろせましたよ、といっても「○月○日に来てください」の1点ばり。銀行に「てめえの口座から金を出してやるから指定日に来い」と言われているのだ。頭がクラクラしてるところに追い討ちがかかり、「あー、これはうちのじゃないわ。口座のある支店に行ってください」と言われた。

その口座を作ったのは現在のアパートに引っ越す前で、口座のある支店というのはバスで30分程の所にある。まあ、それはありえることで、他支店での「それはできません」率は結構高いので、「じゃあその支店に行ったら指定日じゃなくてもおろせますね?」と聞くと「大丈夫です」という。

前からそういうシステムだったかなあ・・?と思いつつ、まあ、トルコだからな・・と思い、後日、「○月○日」ではない日に口座のある支店の方までわざわざ出かけた。ここまで書いたらもうオチは読めるかとは思うが、アク銀行の安っぽいカウンターにチンと座ったその女は「○月○日に来てください」とぬかしたのだった。


それからは、怒りをなるべく抑えて正当性を主張するトルコ語の下手な東洋人女と、つんとおすましで「はい次の人お~」と今にも言い出しそうなパツキントルコ女との戦い。「前は出来たやろー!!」「ていうか出来ないなら出来ないって前の支店の奴言えっちゅうねん!!」「ここまで来た時間とバス代(せこい)はどうなるんや!!てめえ払えるんか!!」・・ああ、日本語だったらいくらでも舌が回るのになあ。でも似たような事はトルコ語でもちろん言ったが、「できない」という対応をそのトルコ女は全く変えなかった。

私は「・・ハッ、これだからトルコは。ヨーロッパに入るらしいね」と言い捨て、「今すぐ全部下ろして」と言ったときのあの爽快さを生涯忘れない。なぜか、全額解約だったら指定日外でも出来たのだった。

女「全部・・?」私「全部。もうアク銀行には預けないから。」女「・・ではパスポートを。」


お金を分けて預けたいという理由のほかに、銀行で初めて口座を開設する際、客番号取得のための手数料のようなものが500円位かかった記憶があるので、何だかもったいなくて、小額でもアク銀行にいくらかお金が残っている状態を続けていたのだが、もーーうやめた。全部ガランティに移動じゃ。(といっても1500ドルだって)今のトルコではアク銀行、ガランティ銀行、ヤプクレディ、イシュ銀行、等が安心銀行だと思われ、もっとやばめの銀行なんてたっくさんあるんである。(弱小銀行の多くはここ3-4年でつぶれた。)それでもこのていたらく。

とまあこんないきさつで、ガランティ銀行1点掛けのリスクを取ってしまったわけだけど、(といっても分けてたの1500ドルだけ)全然後悔してません。ガランティでも細かく不満な所はあるけど、対応は他のトルコの銀行に比べて悪くないと思う。

・・長くなったけど、銀行話、つづけ。■



Category:旧__いすたん生活 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<トルコのテレビCMがネットで見られる。 | HOME | トルコで銀行、のいろいろ・その1>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://pondeliturkey.blog115.fc2.com/tb.php/52-fd403c0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。