FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

両替のこと。

2006.07.27 Thu
2006-07-27.jpg

暑い。イスタン、ついに暑くなった。日差しがものごっつ強い。暑くならないねえなかなか、ちょっと変だよねえ、なんてのほほんとしてたら。


実はもうすぐ旅行に行くので、銀行からいくらか日本円をおろさなければいけない。日本円口座から日本円で現金を下ろすためには、前日までに銀行に言っておかないといけないようで、ちょっと面倒。でも、日本の銀行システムに比べたらけっこう融通効くよねえ。日本の銀行って、外貨両替に対して閉鎖的すぎるよな。「両替商」というものが街中にないし。銀行に行っても、例えば「80ドル分両替したい」って、大手とかじゃ出来ないよね?多分。「1000ドルパック」とか「500ユーロパック」とかしかなくてさ。1ドル札とか妙に入ってて、うざいのなんの。


ちょっと旅行に役立つ情報とかでも、書いてみようかしらん。

トルコはどんな田舎にでも両替商があって、とても便利。ま、トルコリラがインフレですぐ価値が下がるので、まとまったトルコリラは外貨に両替しておこうというヒトが多いからでしょうな。この両替商、いすたんで一番レートがいいといわれているのは、ボリボリプライス御殿の悪名高きグランドバザールの「中」にある両替商なのだ。「外」「入口」はツーリスティックなボリ両替をする所が多いので注意。あくまで「中」。2畳位しかない小さな小さな両替商のレートが一番良かったりして侮れないので、両替する時はいろいろ見てチェックしてみてください。普通両替商はコミッションを取らないので、外に表示してあるレート表そのままの金額で両替される。外国に行くと、やれコミッションだの何だので結局よく判らないまま悪いレートで両替してしまったりする私、トルコの両替商は判りやすくて好きです。

余程の田舎に行かない限り、日本円から直接トルコリラに変えられる。

アタトゥルク空港内の両替商(銀行の出張所みたいなかんじ)のレートは、すごく悪いわけではないけど良いわけでもない。とりあえず必要なだけに留めておいた方がいいと思います。

あ、あと、タクシム広場からイスティクラル通りに入ってすぐの左側にいくつかある両替商もそんなに悪くないです。

以前、親戚のおばさまがツアーでイスタンに来るというので、自由時間に少し会ってご案内させていただいたことがある。ツアーに組み込まれていないグランドバザールに行きたいというので、ではお土産を買う用の両替はそこでするのでそれまでに両替しないで下さいね、と言っておいたのに、会ってみると、既にちゃっかり現地ツアーガイドがツアー客全員から一括で一人一万円を集めて激悪レートで両替しており、追加で両替する必要はないという。そのレート、計算してみたら1ツアーで3万円のもうけ。10回やれば30万である。100回やれば、田園調布に家が建つ~(はは、今は建たないけど)。稼いでるね、現地ガイド。死んでね。

・・ツアーの方はそういう罠もあるということで、心にとどめておいてくださいませ。


トラベラーズチェックは、紛失盗難時便利とはいえトルコでは両替するのはけっこう大変。大手銀行ではやってくれる(AK BANK、Garanti bankasi等)と思うけど、待ち行列がすごい時も多いし(同じ理由で、銀行での現金両替も時間がかかる確率が高い。両替商の方がよい)まあ当然とはいえコミッションは取られるし、短い旅行ならトラベラーズチェックはお勧めしません。


あー。暑い。■

(画像は、ネットで拾ったトルコの両替商(どびず)の写真。)



Category:旧__いすたん生活 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<タクシーについて。 | HOME | ピスタチオにはまっている>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://pondeliturkey.blog115.fc2.com/tb.php/72-6ce39289

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。