RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

三角軟骨を食べる法

2006.11.23 Thu
2006-11-23.gif

去年日本の居酒屋で食べた三角軟骨(ヤゲンというらしい)の唐揚げが美味しくて忘れられず、軟骨自体全然好きじゃなくて、というか嫌いで食べたことの無かった私が、不思議であるが急に「軟骨大好き」になった。

昔ウニもそうだったな・・大嫌いだったのに、寿司屋で無理やり食べてから突然好きになったんだっけ。嫌いな食べ物を好きになるには、「外食で食べてみる」というのは有効な手かも。


さて、トルコ。もちろん、三角軟骨の詰め合わせ・冷凍が袋で売っている国ではない。地方とか細かい所は判らぬが、軟骨を食べる習慣というものがないように思う。鶏の皮すらあまり好まれない。

以前トルコで急に三角軟骨の唐揚げがどうしても食べたくなり、鶏丸ごとを買ってきたことがある。(丸ごととはいっても画像のような状態。普通にスーパーでも肉屋でも売ってる)日本でももちろん?料理なぞしたことのない私、内臓や毛、首などは取ってあるとはいえ、一体どこから手をつけたら解体できるのか全く謎な物体を前にちと沈黙。中華料理屋の陳さん、が使うような四角い包丁が要るんじゃあ・・??とか思いつつ、悪戦苦闘してついにたどりついた軟骨は・・ひとつだったのだ。背骨ってかんじ。えー!!鶏1羽から1つしか取れないのかああ!3本位あるもんだと思ってたら・・。ええ、食べましたとも、その一つの軟骨を唐揚げで。ちゃんと下味つけてさ。


そして最近、すばらしいことに気がついた。スーパーや肉屋で売ってる「ちょるばるっく」=スープ用の鶏がらを買えばよいのではないか!その鶏がらは、大体4匹分ほど買って1YTL(80円)ほど。肉は殆ど付いてないけど、さすがにスープは取れる。軟骨だけ取って鶏がらを捨てるのは勿体無いので、ちゃんと煮てからしょうゆで味付けしてマントゥ(トルコの小さい餃子かワンタンみたいな料理。中にわずかながら肉を詰めた既製品がスーパーで売られてる。冷凍もできるよ)を入れてマントゥ日本風スープにしたりして消費。んまい。■



Category:旧__料理・たべもの | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<抹茶アイス製作 | HOME | 太陽に恋して>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://pondeliturkey.blog115.fc2.com/tb.php/86-29ba700d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。